病院看護師求人サイト 口コミTOP > 筑波大学病院

筑波大学病院の看護師求人情報

筑波大学病院は充実した医療・看護環境が整えられており、その環境の中で看護師は専門的な知識も求められながら業務を行っています。ICU病棟、屋上に設置されたヘリポートなど救急医療に対応した設備や術中MRIをはじめとした高度先進医療の設備が整えられているのも特徴です。こうした分野でキャリアを積んでいきたいと思っている看護師にとっては働きがいのある環境と言えるでしょう。なお、外来も一般外来に加えて外来化学療法室も設置されています。

こうした専門的なスキルが求められる看護師を育成するための教育環境も充実しています。時代のニーズに対応した認知症ケアや自殺対策のためのゲートキーパーの養成、幼児虐待の予防など広い視野に立った教育を行っているほか、看護師だけでなく患者や指導者の立場を想定したシミュレーション研修の導入なども行っています。より高度な教育では筑波大学との連携のもとで宗教観や社会保障制度をも踏まえた看護環境の構築を目指す教育も行っています。価値観の多様化、治療の選択肢の拡大、国際化といった現代の医療環境に対応できる人材育成を行っているのです。

こうしたやや特殊な教育環境に加え、3年間で1人前の看護技術の基礎を身につけることを目標としたクリニカルラダー制度も導入されています。指導を受けながら働き、知識とスキルを身につけていくレベル1から広く地域医療にも貢献できるレベル4まであります。中途採用でもレベルに合わせた教育が受けられるので安心です。ブランクからの復帰を目指す人や未経験の分野にチャレンジする人にも適しています。

大学病院の看護師求人を探す際には働く部門を選ぶことができるかも大事なポイントとなります。キャリア形成のためにも、働きやすい職場で働くためにも、部門を選ぶことができるかは重要です。筑波大学病院では原則として第一希望〜第三希望まで提出することができ、可能な限り希望の沿う形で配属されます。ただ、特定の分野からの求人が行われる場合は異なりますから、求人情報をしっかりと確認しておくことが大事です。

筑波大学病院の看護師求人を探す際には転職エージェントを活用し、中途採用のニュースをできるだけ早く入手できる環境を整えましょう。病院のホームページでも確認できますが、不定期に募集がかけられることが多いのでキャリアアドバイザーから最新の情報を提供してもらえる転職エージェントの利用が便利です。今回取り上げた内容以外の病院の細かな情報、内部事情なども教えてもらえますから、うまく活用して求人探しを有利に運びましょう。

>>4〜5位を含むランキングを見たい方はこちらからどうぞ!