病院看護師求人サイト 口コミTOP > 病院タイプ別の看護師採用(大学病院

大学病院の看護師に採用される2つの方法

大学病院の看護師に採用されたいなら、計画的な行動が必要になります。あなたが今、看護師なのか、看護師でないのか、その違いで方法も変わってきます。

【あなたが看護師の場合】
→歯を食いしばって、認定看護師になる

【これから看護学校に通う場合】
→浪人してでも、大学病院が運営する看護学校に入る
以上が、大学病院に就職、あるいは転職する方法です。

■あなたが看護師の経験者なら、認定看護師になってから転職を目指そう
正直に言うと、大学病院の看護師は、競争が激しいです。教育制度も充実しており、福利厚生、待遇も良いので、皆が憧れます。人気のある大学病院に中途採用で転職するには、何かの武器が必要になります。

最高の武器は、認定看護師です。認定看護師の在籍数を宣伝している、昭和大学病院のような例もあります。所属する認定看護師が多ければ、病院も患者を集める材料になります。

仮にあなたが認定看護師になれれば、転職の際に、強みになります。ほぼ確実と言っても良いくらい、大学病院に採用されます。大学病院から引っ張りだこです。認定看護師になるには5年以上の実務経験、そのうち3年、専門分野の経験が必要になります。その上で学校に通い、試験を受けて、合格する必要があります。

認定看護師の学校に入学が決まったら、現在の病院を退職し、学校を卒業した後に大学病院へ転職する方法が、最もスマートです。その代わり、一時期、無収入になるので、何かしらの対策が必要になります。

■これから看護学校に通うあなたは、浪人してでも大学病院が運営する看護学校に入ろう
大学病院が運営する看護学校、あるいは大学の看護学部に入学し、卒業後にそのまま大学病院に就職する方法が、最もスマートです。大学病院が用意してくれる奨学金を利用して、そのまま大学病院に就職すれば、奨学金の返済も免除されます。

大学病院の教育制度は最高です。プリセプターシップ、キャリアラダーなど新人教育制度が充実しています。寮も完備され、賞与、福利厚生、全てがそろっています。

看護師は就職後、最初の3年間が重要です。この3年間できちんとした教育を受けるか、受けないかで、その後のキャリアが大きく変わります。最初の3年間で転職を繰り返し、まともな教育を受けなかった看護師は、途中で看護師を辞めてしまう傾向が強いです。

大学病院に勤務したいなら、最初から大学病院の運営する看護学校に入学すると楽です。浪人をしてでも、大学病院系列の看護学校に入って下さい仮にあなたが看護師になっているのなら、将来を夢見ながら、認定看護師を目指しましょう。

>>4〜5位を含むランキングを見たい方はこちらからどうぞ!