病院看護師求人サイト 口コミTOP > 復職支援

復職支援が整っている病院の看護師求人を探すなら

人手不足が慢性化してしまっている看護師業界の環境を改善する鍵とされているのが潜在看護師の掘り起こしです。結婚や出産、夫の転勤などを機に離職した人の復職を促すことで人手不足を解消していく動きが活発化しています。医療機関の側でも人手不足解消の一環として復職支援の取り組みを行うところが増えています。

専門的な資格を取得しているとはいえ、ブランクからの復職には必ず不安がつきまとうものです。出産と子育てが挟んだ場合にはブランクが数年に及ぶこともありますし、復職するといってあくまで家庭環境との両立を前提にした職場環境が必要です。目覚しい医療技術の進歩と求められる看護師の役割の専門化が進んでいることもあります。そのため望む環境・条件で働けるかという点と、求められる役割に応えられるかという点の2つの不安を抱えながらの求人探しを余儀なくされます。

この点を解消するためには具体的にどのような復職支援が用意されているのか、詳しい情報収集が必要です。特にブランクを解消するための支援・教育制度の充実は最大のポイントといってよいでしょう。プリセプター制度やクリニカルラダーの導入といった基本的な部分はもちろんのこと、とくにブランク明けの看護師を対象にした研修・教育制度が設けられているかどうかを見ておきたいところです。この点に関しては求人情報だけでは十分な情報をなかなか得られないため、病院のホームページなども見ながら確認してみましょう。

研修制度だけでなく、看護に関するデータや知識を職場の看護師全体で共有し、業務に役立てることができる環境なども復職支援の一環として役立ちます。受け持ち制だけでなくグループ看護を導入し、現場での業務を通しながらブランクを取り戻していける環境も復職を目指す人にとってはよい選択肢となります。

子育てとの両立を前提に復職支援を目指す場合には子育て支援も見逃せません。保育所が用意されているか否かはもちろん、何よりも職場全体が子育てに対して理解を示しているかどうかも見ておきましょう。この点は実際にママさんナースがどれだけ在籍しているかがひとつの目安になります。

このように、病院の支援環境に関するかなり具体的な情報や職場の雰囲気なども求められるため、求人情報以外からの情報が必要です。ぜひ転職エージェントを活用し、キャリアアドバイザーからの情報提供も役立てながら職場探しを行っていきましょう。

>>4〜5位を含むランキングを見たい方はこちらからどうぞ!