病院看護師求人サイト 口コミTOP > 面接対策

病院勤務の看護師になるための面接対策

看護師が病院勤務を希望する際の面接について見ていくと、まず基本として、履歴書の内容が面接へつながるということがあります。質問の内容は、履歴書の内容をもとに、さらに突っ込んだものになります。それを意識して履歴書を書くだけでも、良い対策になります。内容としては、例えばどうしてその病院かというものがあります。これについては、応募をした時点で決まっていなければなりません。しっかりと応募先の情報を調べておくのが肝心です。収入などの待遇面はもちろん、規模、病床数、科目、労働環境などもきちんと調べておきましょう。それらの要素を見て、応募先を決めていけば、その時点で自ずと志望理由が見えてきます。それを履歴書に端的に書いておけばいいです。

また、面接で重要なポイントとなるのは自己PRです。これについては、例えば将来の自分の目標とからめていくのがいいでしょう。例えば、学生ならば学生時代にどのような経験をしてきたか、転職ならば前職でどのような経験をしてきてかを伝えます。また、それらの経験をどう活かすかをしっかり言えるようにしましょう。経験があっても、新たな職場で生きなければ意味がありません。また、キャリアアップやスキルアップについて伝えるのもいいでしょう。将来の目標がしっかり定まっていて、目的意識をもって働く人はどの職場でも評価されます。そこで、重要なのは、目標がどれだけ明確なものかです。具体的にどのようなキャリアを積みたいか、そのためにはどのようなことをすべきか、ひと通り考えておきましょう。スキルアップについては、例えば一つの科でも、どのような仕事に興味があり、それを将来的にどう活かしたいかを考えておきましょう。

また、内容以前の問題として、受け答えははっきりするのも大切です。見た目の印象や相手と話した時の印象は重要なポイントになります。はっきりした口調で、ハキハキと受け答えをするのが基本です。受け答えが少し遅くとも、話し方がしっかりしていれば評価につながります。また、事前の練習よりも対応力が試されるものです。事前にある程度質問に対する応えを用意しておくのは大切ですが、予想していない質問が来た時にどう対応できるかが重要です。その場合、時間がかかってもいいのでしっかり応えられるようにします。また、自分の考えには必ず理由をつけるようにしましょう。

最後に、面接には早めに到着しておき、服装をしっかり整えましょう。身だしなみもマナーのうちであり、その人の人格を表します。細かいところも気を配っておきましょう。

>>4〜5位を含むランキングを見たい方はこちらからどうぞ!