病院看護師求人サイト 口コミTOP > 基礎情報(配置基準

大病院に転職をしたい看護師のあなたへ
配置基準を達成したい大病院へ、思い切って飛び込もう

手厚い看護をする病院に対し、国からのご褒美があります。看護師をたくさん用意して、患者に対し手厚い看護をする病院には、報酬がたくさん入る仕組みがあるのです。その報酬の金額は、配置基準で決まります。ちなみに配置基準とは、看護師1人が何人の患者を担当しているか、割合を示す制度です。

憧れの大病院に転職したいあなた、配置基準はあなたに有利な制度です。

一、患者の多い大病院ほど、看護師をたくさん抱えようとしている
二、大病院でなければ、配置基準を満たせない
以上の理由から、制度が有利に働いてくれます。

■患者の多い大病院ほど、看護師をたくさん抱えようとしている
配置基準は、1人の看護師が何人の患者を受け持っているか、その割合を示します。1人の看護師が14人の患者を受け持つより、7人の患者を受け持ったが、看護は手厚くなります。患者一人一人に接する時間が増やせるからです。

手厚い看護をすれば、病院は多くの報酬を受け取れます。手厚い看護をしようと思えば、たくさん看護師を雇わなければなりません。看護師を雇うためには、求人を積極的に行なう必要があります。求人が行なわれているのですから、あなたの転職チャンスと言えます。

■大病院でなければ、配置基準を満たせない
手厚い看護をすれば、病院は報酬を受け取れます。言い換えれば、売り上げが伸びます。全国に9,000件近くある病院のどこも売り上げを伸ばしたいので、看護師をたくさん雇って、手厚い看護の実現を目指します。

しかし、看護師の数も限られています。看護師の奪い合いが、病院の間で起きます。ちょっと考えてみて下さい。仮にあなたが無名の小病院と、有名な大学附属病院から、同時にスカウトを受けたとします。どちらのスカウトを受けますか? 恐らく、有名な大学附属病院ですよね?

看護師をたくさん雇い入れようと思っても、できる病院とできない病院があります。限られた数の看護師を病院が引っ張りあいます。大病院はどんどん大きくなり、小さな病院は人員を引き抜かれ、ジリ貧になります。

大病院に転職したいと思っているなら、環境は整っています。まずは自分の憧れる病院のホームページをチェックして、求人が出ていないか調べてみましょう。恐らく求人は出ています。自分では調べる時間がないなら、転職支援サイトなどに登録をして、代わりに探してもらいましょう。まずは何らかのアクションを起こして下さい。

>>4〜5位を含むランキングを見たい方はこちらからどうぞ!