病院看護師求人サイト 口コミTOP > 北海道大学病院

北海道大学病院の看護師の募集事情

北海道大学病院は広く北海道エリアの医療環境の中核を担っている病院です。そのこともあり、幅広い診療科・部門を設置しています。NICU・GCUや小児科・高度無菌室、産科・周産母子センターといった部門もあり、こうした分野でキャリアを重ねていきたいと思っている看護師にもチャンスがあります。

そんな北海道大学病院の特徴としては教育制度の充実が挙げられます。まず看護部では「ジェネラリスト」「エキスパート」「スペシャリスト」の分野を設定し、目指す分野に基づいた教育システム、キャリア支援体制を用意しています。特殊な分野のスキルを備えたスペシャリストを目指す場合も広く看護師としての業務に対応できるジェネラリストを目指す場合も、相応しい環境で学んでいくことができるのです。あらかじめキャリアデザインを決めた上で教育環境・研修内容を選んでいくことも可能です。もちろん、基礎教育も充実しているのでブランクからの復帰や未経験の分野へのチャレンジを目指す場合でも無理なく順応していくことができます。

転職では職場に溶け込めるかどうかも大事なポイント。そのため職場で実際に働きながら学んでいける環境作りも充実しています。看護部では看護職員教育の観点から組織体制を構築しており、臨地研修指導者の監修の上でプリセプターをはじめとした指導者が教育に当たっています。新卒はもちろん、中途採用の人も先輩ナースに導かれながら職場に溶け込み、必要なスキルを身につけていくことができるはずです。そのほかには看護に関する研究も積極的に行っています。

募集は中途採用と年度採用の2種類があります。年度採用は新卒者だけでなく広く看護師・准看護師の資格を取得している人材を対象に行っているほか、数十人単位の募集となるため就職・転職を目指すチャンスとなるでしょう。これは毎年4月の入職の採用となるため、働きながら転職を目指している人はそれに合わせたスケジュール作成が求められそうです。他にも中途採用も行われているのでこちらは不定期に発生する情報をできるだけ逃さないようにしたいものです。

看護師向けの転職エージェントを利用すれば北海道大学病院の看護師求人探しをスムーズに行っていくことができるでしょう。事前の試験・面接対策はもちろんのこと、中途採用の求人情報のいち早い提供も受けられます。またキャリアアドバイザーから職場の雰囲気や人間関係といった内部事情も教えてもらえます。教育環境とは別に溶け込みやすい雰囲気かも大事ですから、ぜひともうまく活用して行きましょう。

>>4〜5位を含むランキングを見たい方はこちらからどうぞ!