病院看護師求人サイト 口コミTOP > 高収入

高収入な病院の看護師求人を探すなら!

患者さんのために役立つことが看護師としての大きなやりがいであるとはいえ、仕事として行う以上は、できるだけ高い収入を得られるのであれば、それに超したことはありません。看護師の平均年収は400万円から500万円とされていますが、良い条件の求人を探せば、より高収入の仕事を見つけることができるでしょう。

高収入な病院の看護師として注目できるのは、経営規模の大きな総合病院で、夜勤があるところ、もしくは夜勤専従シフトの求人です。ベッド数が多く、大規模に病院経営をしているところでは、人件費に費やす割合も大きくできますので、看護師の給料が良いという傾向があります。基本給が他の病院よりも高めに設定されていますし、各種手当も手厚くつきます。それに加えて夜勤に入ることで、夜勤手当による割り増し分を得ることができるでしょう。

夜勤手当の支給基準は病院によって違いがあります。基本給に夜勤割り増しを加えるという方法を採っているのが一般的です。大体の病院では、夜勤割り増しを25パーセントとしていますので、その他の手当てを加算すると、日勤よりも3割近く高い給料をもらえることになります。場合によっては、もう少し高い割合で夜勤手当を算出しているところもありますので、支給基準をチェックしてみると良いでしょう。

もう一つのパターンは、夜勤一回につき一律の夜勤手当をもらえるというものです。この手当には病院による差がかなりあり、2倍から3倍近い額の違いが生じることもあります。基本給にプラスして5,000円程度のところもあれば、1万5,000円をこえるところもあります。夜勤は月に何回も入りますので、この手当の差額はトータルで見るとかなり大きなものになるでしょう。それで、夜勤に入ることを考えているのであれば、必ず夜勤手当の額を調べるようにしましょう。

一つの診療科目に絞って診療を行っている病院も、高収入を狙える可能性が高くなります。一つの分野に絞ることで、経営が効率的になり、患者さんをたくさん集めることができるようになります。その結果、職員にもしっかりと給料を払えることになりますので、看護師がもらえる収入が多くなるのです。また、専門的な治療を行うため、そこで働く看護師にも高いスキルが求められるようになります。必要とされる実務経験やスキルは高くなりますが、その分しっかりとした額の給料をもらえますので、もし該当する分野におけるスキルがあるのであれば、より高収入を提示してくれる専門病院を探すと良いでしょう。

>>4〜5位を含むランキングを見たい方はこちらからどうぞ!