病院看護師求人サイト 口コミTOP > 子育て支援

子育て支援がある病院の看護師求人を探すなら

結婚・出産を機に退職してしまった看護師をいかに復帰させるか。いわゆる潜在看護師の掘り起こしが人手不足を解消する上での重要なポイントと言われています。そのため病院でも子育て支援を充実させる環境作りや取り組みを行っているところが増えています。子育てとの両立を目指している人にとっては求人情報探しの際にはぜひともこの点を確認しておきたいところです。

子育て支援には2つのポイントがあります。ひとつは勤務環境が子育てに適しているかどうか。もうひとつは教育制度が充実しているかどうかです。まずひとつめのポイントから見ていきましょう。最大のネックとなるのはやはり就業時間です。ただでさえ残業続き、夜勤、休日出勤など不規則な就業環境になりがちな看護師の仕事です。子育てとの両立を目指す上ではこの点の解消が不可欠となります。日勤のみ、平日出勤のみといった配慮をしてもらうことができるかが第一のポイントです。また子供がまだ小さい場合には保育所の完備や短時間制度制度の有無も見ておきたいところです。保育所に関しては院内に設置されている場合、病院が経営あるいは提携した保育所を使用する場合の2種類がありますから、子供の送り迎えがしやすいかどうかも考慮に入れましょう。施設によっては24時間対応のところもあります。受け入れ対象となっている年齢の確認も必須です。短時間勤務制度は子育ての間に限り通常よりも短い勤務時間で働くことができる制度で、正規雇用の立場を維持できるのがポイントです。

もうひとつのポイント、教育制度の充実に関してはブランクからの復帰を目指す人が対象となります。結婚を機に退職し、出産を経てから復職を目指す場合、ブランクは3〜5年もの長期に及ぶケースもあります。知識やスキルを取り戻すだけでなく、その間に進歩した医療・看護環境に適応するためにも教育制度が欠かせません。とくに医療技術の進歩が目覚しい現代では必須です。ブランクの不安を払拭する意味でも大きな意味を持つでしょう。研修制度の中でも特に復職向けの内容が用意されているかどうかも確認しましょう。

こうした子育て支援がある病院の看護師求人を探す際には求人情報を吟味するだけでは不十分です。なぜならいくら支援制度が充実していても職場が子育てに対して無理解な場合はその制度を十分に活かせないからです。この点を確認するためには転職エージェントをうまく利用しましょう。キャリアアドバイザーから職場の雰囲気、子育てに理解があるか、実際にママさんナースが子育て支援制度を活用できているかといった情報を教えてもらうこともできるはずです。

>>4〜5位を含むランキングを見たい方はこちらからどうぞ!