病院看護師求人サイト 口コミTOP > 2交代制

2交代制の病院の看護師について

外来の勤務であれば、基本的に日勤だけですので、勤務時間が規則的で楽ですが、病棟勤務となると、昼も夜も看護の必要がありますのが、どうしても交代をしながら勤務を続ける必要があります。看護師の勤務シフトは、主に2交代制と3交代制があります。2交代制とは、日勤と夜勤の二つに一日のスケジュールを分けてシフトを組んでいく方式のことを指します。

一日に二つのシフトしかありませんので、基本的な就業時間は12時間以上となります。中には、夜勤の時間を短くするために、一度に16時間の勤務となっている病院もあります。この2交代制のメリットとしては、一度に長時間の勤務をすることになりますので、その分休みの日数も多くなるということが挙げられます。まとまった時間を休息やプライベートの時間に充てられますので、体力的にも回復しやすいですし、ゆとりのある生活を送れるという利点があるのです。長時間まとめて仕事をして、その後はのんびりと過ごせるということで、メリハリの利いた生活を送れるのが、この2交代制のよいところでしょう。

また、2交代制のシフトを敷いているところでは、夜勤専門という働き方が出てきます。夜勤専門の看護師は、昼と夜の生活が逆転してしまうので大変という人もいますが、給料が高いというメリットを味わうことができます。病院によって給料体系は異なりますが、基本給にプラスして夜勤手当が付くという方法を採っていることが多いので、通常の給料より3割程度高い水準で収入を得られます。しっかりと効率よく稼ぎたいという人にはぴったりのワークスタイルだと言えるでしょう。

2交代制のデメリットとしては、やはり一回あたりの拘束時間が長いということが挙げられるでしょう。長時間の勤務だと集中力が続かずに、ミスを犯してしまうのではないかという不安を持つ人もいます。人の命を預かる大事な仕事ですので、こうした心配を抱えながら仕事をするには、精神的にもキツイことだと言えるでしょう。また、シフトの関係で、日勤だけでなく夜勤が入り込んでしまう病院があります。そうなると、仕事の時間がかなり不規則になってしまいますので、体力的にも厳しくなりますし、プライベートの時間が取りにくくなってしまいます。2交代制には一長一短がありますので、自分似合っているかどうかを確かめた上で、2交代制が良いか3交代制が良いか、もしくは外来のみ勤務かを決めるようにしましょう。

>>4〜5位を含むランキングを見たい方はこちらからどうぞ!